平成29年「秋の法要・紅葉狩り」ご案内

 ○平成29年11月25日(土)~26日(日)
  【両日とも】   

① 写経(道具は準備しています。無料)  9:50~10:50
② 法要(諸願成就)                 11:00~11:30
③ 法話(仏様の教え。当寺の秘話。無料)  11:35~12:05
  ●抽選会(法話参加を記念して参加者のみ。)12:05
④ ウォークラリー(寺周辺)雨天時は室内。無料  13:00~14:00
⑤ 座禅止観(無料)               14:30~15:30
  

2018年(平成30年)、開山1300年!  救いの心、いまだ衰えず…

法華嶽薬師寺の秋の法要の紅葉
秋の紅葉

   秋の紅葉



薬師如来像
薬師如来

   本尊 薬師如来



法華嶽薬師寺の境内の日本庭園
日本庭園

    日本庭園




日本三大薬師の一つ法華嶽薬師寺の本堂
法華嶽薬師寺本堂

法華嶽薬師寺の起源について

 西暦718年(養老2年)8月8日、ときの 高僧が釈迦岳の山頂に釈迦如来の石像を安置し、「金峯山・長喜院」とし、法華嶽薬師寺の歴史が始まりました。
   古くから、日本三大薬師と言われる越後の 米山薬師、三河の宝来寺薬師、そして、日向の法華嶽薬師は、全国から病気平癒の御利益で名高いお寺でした。

 平安時代になって、最澄(伝教大師)が、唐(中国)から帰られた後、九州を巡錫された際、この地に留まり、自ら薬師如来を彫刻安置し、「真金山・法華嶽寺」と改められ、現在にいたっています。


 最澄(伝教大師)はご承知のとおり、天台宗開祖であり、空海(弘法大師)とともに、日本の仏教に多大な功績を残したお方です。本寺もまた天台宗のお寺であります。


「法華嶽薬師寺 歴史資料館」

法華嶽薬師寺の文化財を展示する資料館
法華嶽薬師寺歴史資料館

 

 平成26年7月に開館しました「法華嶽薬師寺 歴史資料館」では、当寺に伝わる文化財等を展示しております。開館は主に土・日・祝日となっております。お気軽にどうぞ。

 

※土・日・祝日でも閉館の場合もありますので、

 事前問い合わせが確実です。

 (問いあわせ先は、0985-78-1004)